コラーゲンミニ知識記事一覧

コラーゲンは一度に多くのコラーゲンを摂ったからとって、身体によいというわけではありません。コラーゲンは毎日少しずつとっていくことが大切なのです。毎日少しずつ、食事の中にコラーゲンを取り入れていくことが大切ですが、コラーゲンはなかなか食品で摂ることは大変です。コラーゲンが入っている食品は何でしょうか?一番に思い浮かぶのがふかひれすっぽんですね。その他ですと、煮物の翌日のに凝りとか手羽先などが思い浮か...

コラーゲンを効果的に取り入れる方法は、毎日少しずつコラーゲンを摂取することでしたが、他にもあります。それは、コラーゲンと一緒にビタミンCを摂ることです。コラーゲンはコラーゲンだけをとっても効果がなかなか出にくいのです。ビタミンCを一緒に摂取することで、コラーゲンを上手に体内に取り入れることができます。コラーゲンとビタミンCが一緒に入っているコラーゲンサプリやドリンクアスタリフトドリンクコラーゲン1...

コラーゲンはたんぱく質の一種で、アミノ酸が組み合わさってコラーゲンという成分になっています。このコラーゲンは身体中の至る所にあり、たんぱく質の1/3を占めているのです。コラーゲンの役割として大きくは細胞同士のクッション代わりになっていることですね。特に肌の下の真皮部分にはコラーゲンが約7割も含まれ、細胞同士をくっつけ合っています。このコラーゲンが減少したり、老化して働きが悪くなると・・・肌のふっく...

コラーゲンは身体の中のたんぱく質の約1/3を占めるほどの重要な栄養成分です。それなら、自分の体内で作られなければいけないのではないか?と思ってしまいますね。実は身体の中でもコラーゲンを作ることはできるのです。しかしそれも20代がピーク。それを過ぎると徐々に作る分量は減ってきて、50代には約半分にまで落ち込んでしまうのです。自分で作り出す力が減ってくるのですから、外部から取らないといけませんね。人間...

コラーゲンは体外からサプリメントでとっても効果が無いという専門家もいます。実際にコラーゲンをドリンクなどで摂取するとまずはアミノ酸に分解されて、たんぱく質になります。コラーゲンを摂取したからとってすべてがコラーゲンになるとは限らないのです。ココがコラーゲンを摂ってもコラーゲンが増えるわけではないという専門家の説です。しかし反対に、コラーゲンを摂ると実際にコラーゲン効果が出るという実験をした専門機関...

コラーゲンを摂ると美肌に良いというのは一般的に知られたことですが、実はコラーゲンは関節にも効果があることがこの頃取りざたされています。コラーゲンは元々軟骨に多く含まれるので、コラーゲンが不足すると軟骨部分がこすれあって痛みが生じます。コラーゲンを補給することで、多少関節痛が和らいできたという人も多いのです。コラーゲンには美肌用真皮、靱帯、腱、骨などではI型コラーゲンが多く含まれています。関節用コラ...

コラーゲンは食べ物にも多く含まれているものがあります。牛肉・・・牛テール肉鶏肉・・・手羽先魚・・・ふかひれ・すっぽんなどですが、カロリーが高めのものが多いのです。コラーゲンをたっぷり食品で摂ろうと思ったら、カロリーも一緒についてくる!そんな状態になってしまいます。普段の時ならいいですが、これがダイエット中なら!なるべく太りたくないですよね。コラーゲンをサプリメントで摂るとしても、なるべく低カロリー...