コラーゲンをなぜ取らなくてはいけないのか?

コラーゲンドリンク 比較,効果,ドリンク,サプリ,飲む,比較,ランキング

コラーゲンは身体の中のたんぱく質の約1/3を占めるほどの重要な栄養成分です。

 

それなら、自分の体内で作られなければいけないのではないか?と思ってしまいますね。

 

実は身体の中でもコラーゲンを作ることはできるのです。

 

しかしそれも20代がピーク。
それを過ぎると徐々に作る分量は減ってきて、

 

50代には約半分にまで落ち込んでしまうのです。

 

自分で作り出す力が減ってくるのですから、外部から取らないといけませんね。

 

人間の身体は良く出来ていて、栄養が入ってくると一番は生命維持に必要な部分に回されます。
そして徐々に優先順位の低い部位へと行くのです。

 

コラーゲンも同じです。
コラーゲンは皮膚だけではなく、骨、軟骨、内臓、目など重要な部分にも含まれます。

 

コラーゲンが作られる量が減るという事は、まずは大切な部分である内臓などへ優先的に送られてしまうのです。

 

そのように考えると、肌は優先順位引くそうですよね。

 

ですから、しっかり真皮部分にまでコラーゲンを使えるように、多めにコラーゲンを摂取しないと
肌がプルプルにならないのです。

 

 

コラーゲン40代なら!こちら>>

 

コラーゲンを摂るのか?関連ページ

コラーゲンを効果的に摂るには?
コラーゲンを効果的に摂る方法
コラーゲンを効果的に取り入れる方法2
コラーゲンを効果的に取り入れる方法その2です
コラーゲンの働き
コラーゲンの働きとは?
コラーゲンを摂ることの意味
コラーゲンをサプリメントで摂ると本当に良いの?
コラーゲンの効果を感じる部位
コラーゲンは摂取するとどこにいいのでしょうか
ダイエット中のコラーゲン補給
コラーゲンを上手に摂取するためのミニ知識です。